★仙台弁を聞いでけさいん!

仙台弁で名言 福沢諭吉の言葉

瀬戸内寂聴
福沢諭吉
福沢諭吉
人生は芝居のごとし
上手な役者が乞食になることもあれば
大根役者が殿様になることもある。
とかく、あまり人生を重く見ず
捨て身になって何事も一心になすべし。

福沢諭吉の言葉

仙台弁:人生は芝居みでなもんだ
うまい役者が乞食になっこどもあっぺし
大根役者が殿様になるごどもあんだ。
んだがら、あんまり人生を重くみねぇ~で
捨て身になって何事も一心にやらいん。

意味:人生は才能や実力があっても、
地位やお金に恵まれないこともある
なんの才能もないのに金持ちになったり
社会的に高い地位につくこともある
実力認められないからといって
気を落とさず、あせらず一生懸命やっていくべきだ
そのうちにいいことはきっとある
ついてないと投げやりになるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA