★仙台弁を聞いでけさいん!

エリートのメンテナンススタンド、Elite-Race ワークスタンドを買ってみた!

ずっと、欲しかったエリートのメンテナンススタンド買ったヨ!
エリート workstand 写真みてわかるように、箱(段ボール)がボロボロで届きまして、
がおるなやぁ~(仙台弁)=がっかりです。

このエリート、ワークスタンドはプロ用でしてプロのニーズに合わせた
設計になっています。高さも自由に変えれますし、バイクを乗せた状態でも
上部を回転することが出来て非常に便利です。

開封してメンテナンススタンドを出してみます。

エリート ワークスタンド かなり重くゴツイです。これならロードバイクをしっかり支えてくれるなと言う感じです。

立ててみましょう。
エリートのメンテナンススタンド

寸法は上記の通り。直径は130mmしっかりしてます。


各パーツを見てみましょう

これをロックするとバイクを乗せる部分は回転しなくなり、
力をかける作業の場合はここをロックします。
バイクを乗せる部分を回転させたい場合は
ここを緩めます。


バイクをのせ、回転させながらメンテしたい場合は
上の画像のロックを緩めて、↓の破線赤丸をロックします。
そうすると安定して、回転しながらメンテ出来ます。


実際、バイクを乗せてみましょう。
乗せるのはココになります。


次に、フロントフォークを合わせて破線赤丸のレバーをロックします。

ロックしたらフロントフォークをのっけて


しっかりロックします。


これでもう十分と思いますが、トドメにバンドも付いています!
正直これは、あまり使いません。

最初は、戸惑いながらだったので10分くらい、かかりましたが
慣れれば1分でバイクを乗っけてそくメンテナンス出来る状態になります。

しつこいようですが、本当にしっかりとしていて
使い勝手が非常にいいです。
仙台弁ブログは178㎝なので、今までのように
普通のスタンドで長時間メンテすると腰が痛くて
大変でしたがこれを買ってからは、何時間でも大丈夫!

おすすめのメンテナンススタンドです。

バイクをのっけるとこんな感じです。
エリートのメンテナンススタンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA