★仙台弁を聞いでけさいん!

ロードバイク用語 さ行

 

【サイクルコンピュータ】

速度やケイデンスなど計測する機械。

現在では心拍計やGPS機能を搭載した高機能なモデルも

多数販売されている。安価なものは有線のものも

販売されているが無線がほとんど。


【サスペンション】

ホイールから伝わる路面の衝撃を吸収しバイクに伝えないための機構。

ホイールを路面に押し付けグリップを保たせる機能ももつ。

MTBのフロントフォークに採用されるテレスコピックサスペンションが有名だが

ロードバイクにおいてもエラストマの採用やフレーム形状で

サスペンション作用をもたせたものが存在する。


【シールドベアリング】

埃や水滴が侵入するのを防ぐため、シールが施されたベアリング。

内部にグリスが収入されているため、オイルやパーツクリーナーを

噴射すると中のグリスが流れ出してしまう。


【ジオメトリ】

フレーム各所の寸法や角度の総称。これによってバイクのサイズや乗り味を

ある程度憶測することができる。フレームジオメトリを読み取れるようになると

バイク選びの参考になる。


【直付け】

フロントディレイラーなどを取り付ける台座が溶接や接着などによって

あらかじめフレームなどに取り付けてあること。


【シクロクロスバイク】

オフロードの周回コースを規定時間内に何週できるかを

競うレースのために作られたバイク。

ドロップハンドルに、やや太めのオフロードタイヤを装着し

ギヤ比も、やや低めのものが採用される。

コースには自転車を担がなければならないセクションも必ず設定されているので

担ぎやすさも考慮されている。


【しなり】

素材に力を加えたときに、折れずに曲がって元の形状にもどること。

バネ感などと言われることもある。しなりが強いとペダリングロスは

増えるが、ペダルへの反発力が分散され、

ロングライドで疲れにくい特性がある。


【シフター】

変速機を操作するための機構。デュアルコントロールレバーやWレバーがある。


【シフトアップ】

シフトレバーを操作して、ギヤ比が高いほうに変速する動作。

加速時に使うんだっちゃ(仙台弁)=使用される。


【シフトダウン】

シフトレバーを操作して、ギヤ比が低いほうに変速する動作。

減速時や登坂前に使用する。


【シマノ】

アウトドアスポーツ用品会社。自転車パーツのシェアは世界トップであり

スポーツバイクだけではなく、一般車、ママチャリなどのパーツも制作。

コストパフォーマンスに優れたトップレベルの機能を有うする。

補修パーツも豊富でアフターサービスも安心して使える。


【シム】

パイプ径の異なるパーツを装着するために、隙間に入れるスペーサー。

ステアリングコラムのクランプ部やシートポストなどに装着される場合が多い。


【初期伸び】

ワイヤー類を交換してから数週間ほどで、緩みが発生してしまう現象。

ワイヤー自体が伸びているのではなく、アウター受けなどエンド付近の

パーツが馴染むことで、ワイヤーが伸びたかのような症状となる。

初期伸びが発生したらアジャスターを操作して調整する必要がある。

特にワイヤーを内装するフレームは初期伸びが大きい。


【シリコン】

自転車では、主に有機ケイ素化合物を指す。

オイルとしては高温になる部分や樹脂パーツなど鉱物油を使用できない部分に

使われ樹脂としてはエラストマなどに採用される。


【スカンジウム】

原子番号21番

自転車では主にスカンジウムアルミ合金を指す。

重量比強度がもっとも高く、耐疲労性も高いがスカンジウム自体が高価であり

カーボンのほうがより優れた特性を示すため多くは普及しなかった。


【スキュアー】

串の意味をもつ英語。スキュワーと表記されることもある。

クイックレバーのシャフトの別称でもある。

クイックレバー全体をスキュアーと呼ぶこともある。


【スターファングルナット】

アヘッドヘッドセットにおいて、ステアリングコラムが金属の場合に用いられる

アンカープラグ。放射状のツメがコラム内部に食い込むことによって

固定されるため、カーボンコラムには使用出来ない。


【スタンドオーバーハイト】

トップチューブの地上高。この位置が低いと小柄な人でも乗りやすくなる。


【スチール】

鋼鉄。鉄を主成分とし、炭素を微量に含んだ合金を指す。

ハイテン、クロモリ、ステンレスなどもスチールの一種である。

思い弱点はあるが古くから自転車に使用されていた素材であり

オールドルックのフレームには、必ずと言っていいほど採用される。


【ステンレス】

クロムを多く含んだスチールのこと。

クロムが表面で耐食性の被膜を作ることにより錆にくく表面硬度が高いが

素材の剛性自体は高くないのでレーシングフレームには不向き。

クロム特有の輝きがあるので趣味性の高いバイクとして一部で人気がある。


【スネークバイト】

タイヤの空気圧が足りないことで起きるリム打ちパンクのこと。

左右対称の穴がハの字のように開くためにこう呼ばれる。

ヘビ嚙みとも呼ばれる。


【スパナ】

六角ボルトが主流のロードバイクではあまり使われないが

ピストバイクなどナットを多用する自転車で使うことが多い


【スプロケット】

チェーンへ力を伝達したり、チェーンからの力を軸に伝達したりするための

ギヤの呼称。自転車では主にリヤホイールに装着されるギヤ群を指す。

汚れが溜まりやすいため、比較的頻繁にクリーニングしなければならない。


【スペーサー】

パーツ同士の間隔を一定に保つために挿入される、隙間を埋める部品。

主に、ハンドルの高さを調整するためのコラムスペーサーや

スプロケットの歯車同士の間隔を一定に保つためのカセットスペーサーを指す。


【スポーク】

ハブとリムを繋ぐ針金状のパーツ。スポークの張力によってホイールを

真円に保つ。細い部品なのでスチールもいまだに使用されている。

完組みホイールでは設計の自由度が高いためアルミやカーボンなどを

使用しているものもある。


【スラム】

アメリカの自転車パーツブランド。もともとはMTBのドライブトレインを

メインで手掛けていたが、10年前にロードバイクコンポーネント業界に参入

1本のレバーでシフトアップとダウンを兼ねるという画期的なシフト機構

ダブルタップでシマノ、カンパニョーロに続く第3のブランドとして定着した。


【スレッドヘット】

ステアリングコラムにネジを切り、ヘッドナットを締めることで

ヘッドの玉あたりを調整するタイプのヘッドセット。

古くからある形式であり、現在でもクロモリバイクを中心にクラシカルな

モデルに採用される。


【スローパンク】

劣化などにより、微小な穴がチューブに開き、長い時間をかけて

徐々に空気が抜けていく現象。

穴を見つけるのが困難なため、しっかりとした修理が必要。


【セラミック】

もともとは、陶磁器を指す言葉だが、

自転車用語としては窒化ケイ素を焼き固めたものをいう。

非常に高硬度であり、弾性をもたない非金属であり

ベアリングに使用すると摩耗抵抗を極限まで抑えることができる。

ただし、陶磁器なので耐久性は高くなく、強い衝撃を与えると割れてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA