★仙台弁を聞いでけさいん!

ロードバイク用語 た行

 

【タイヤクリアランス】

タイヤからフレームやフォークまでの隙間。

タイヤクリアランスが大きければより太いタイヤを装着

することができるが、ロードバイクではキャリパーブレーキの

特性上、限界がある。グラベルロードやシクロクロスバイクでは

ブレーキタイプを変えることでタイヤクリアランスを

広げることができる。


【タイヤレバー】

タイヤを外すために使用する工具。

プロメカニックの中でも好みが分かれる工具で

形状は千差万別。初心者は反対側にスポークに引っ掛ける

フックがあるものを選ぶと作業がしやすい。


【たすき掛け】

ギヤをインナー×トップ、またはアウター×ローに入れた状態。

たすきのように、斜めになることで大きな負荷がかかり

ロスが大きくなるだけでなく、チェーンやスプロケットの

寿命も縮めてしまう。また現代のロードバイクでは

他のギヤを使用することにより近いギヤ比で

対応できる場合が多く、多用すんなよ(仙台弁)=しないほうがよい。


【WO】

ワイヤード・オンの略で、タイヤ及びリムの規格のこと。

ワイヤーをリムに引っ掛ける構造でロードバイクにおいては

クリンチャーとほぼ同じ意味。


【Wレバー】

ダウンチューブに装着されるシフトレバー。

シマノがSTIレバーを開発するまえに主流だった機構であり

オールドルックを狙ったロードバイクには現在も時に

ハンドルから手を放す必要があり素早いシフティングには

コツが必要だった。反面、構造が単純なため壊れにくい

メリットもある。


【ダボ】

フェンダーやボトルケージを取り付けるために

フレームにつけられた穴。グラベルロードなど

ツーリングバイクへのカスタムを意識したモデルには

フェンダーやキャリアを装着することが出来るダボが

あらかじめ装着されている。


【玉あたり調整】

ベアリングの転がり抵抗を少なく、かつガタを出さないように

調整する作業。緩すぎるとガタが出てしまってうまく動作せず

締めすぎると回転抵抗が増してしまう。現在は調整不要な

カートリッジベアリングが主流で、玉あたり調整が必要なのは

主に、ヘッドパーツとハブ。


【たわみ】

「しなり」とほぼ同義で、ペダリングなどの入力に対して

素材が歪んで元に戻ろうとする動作。

フレームがたわみすぎるとロスが大きくなってしまうが

適度なたわみは、振動吸収性や疲労軽減に効果がある。


【チェーンライン】

自転車の真上から見た時の中心点からチェーンまでの距離

前後に多段ギヤを備えているロードバイクの場合

前と後ろで同じ数値にならなければならない。


【チェーンリング】

クランクに取り付けられている、ギヤ板のこと。


【チタン】

軽量で強度が高く錆などにも強いが、加工が非常に難しく

生産コストが高いのでレーシングバイクに使われることは

あまりない。ハイエンドパーツのボルトなどには

幅広く用いられている。


【チューブ】

タイヤの内側から空気圧をかけてタイヤ形状を保持させるパーツ

タイヤの太さやバルブの長さなど細かく区分されているので

自分のバイクに合ったチューブを把握しておきましょう


【チューブパッチ】

チューブに貼ることでパンク穴を補修するパッチ

素材はチューブと同じブチルゴム。

ゴム糊が必要なものもあるが、最初から糊がついているものが

販売されていてそちらの方が容易に修理できる


【チューブラータイヤ】

内部にチューブが埋め込まれている構造のタイヤ

チューブラー専用のリムを使用しリムセメントを

リムにぬって装着または専用の両面テープを貼って使用する。

空気圧を低くしてもリム打ちパンクしににくく

パンクしても脱輪しづらいというメリットがあり

シクロクロスレースでは積極的に採用されている。


【チューブレスタイヤ】

クリンチャーと似た構造で、

チューブを必要としない構造のタイヤ。リム、タイヤともに

専用品を使う。最大の特徴はリム打ちパンクがないことだが

クリンチャータイヤよりも転がり抵抗が少なく

パンクしても脱着しにくいのでレースに向いている。


【テーパーコラム】

ステアリングコラムの上部よりも下部のほうが太いコラムで

現在ロードバイクの主流になりつつある構造。

サイズ、規格などがフレームによって異なるので

フォークを交換するときは注意が必要。


【ディスクブレーキ】

ハブに直結された金属板にピストンを押し付けることで

制動力を発揮する構造のブレーキ。天候に左右されない安定した制動力を

得ることができる。

ハイエンドなディスクブレーキはワイヤーではなく油圧で操作する。


【ディレイラーハンガー】

バイクのリアエンドにある、ディレイラーを固定するための台座。

小さい部分だがデリケートなパーツで落車などによって曲がりやすいので

多くのバイクでは、交換出来るようになっている。


【電動シフト】

従来のワイヤー式ではなく、

電気信号によってコンポーネントを操作するシステム。

ワイヤータイプと異なりワイヤーを調整する必要がないが

バッテリーなどの取り回しに注意が必要。

最初マヴィックが開発したがトラブルが多く定着しなかったが

現在はレーシングシーンのスタンダードになっている。


【トータルキャパシティー】

リアディレイラーがチェーンテンションを一定に保てる限界値。


【トップギヤ】

もっともギヤ比が高い状態。また単純にスプロケットの一番小さいギア。


【トリム調整】

フロントシフトレバーにはアウターとインナーだけではなく

ディレイラーの位置を微調整する機構が存在する。

フロントがちゃんと変速しているのにガイドプレートに当たってしまう

場合は、シフトレバーをちょっとだけ動かしてトリム調整することで

音鳴りを調整できる。


【トルク】

回転軸から見た距離と、そこにかかる力の積で表される。

単位は「Nm」で、たとえば1m離れた地点で5Nの力が発生したとき

トルクは5Nmとなる。

自転車では主にクランク軸を回す力やボルトを締め付ける力などを示している。


【トルクレンチ】

ボルトの締め付けトルクを精確に管理するための特殊工具。

あらかじめ指定のトルクを設定して、

指定以上のトルクがかからないようにするプリセットタイプと、

範囲ないで自由に設定トルクを変更できるタイプが存在する。

締め付け専用の精密機械で、緩めるために使用してはいけない。


【トルクス】

ボルトの穴が六角形の星形になったネジの規格。

通常の6角ボルトより、ネジをなめにくく大きなトルクで締め付け可能。

ステムやチェーンリングボルトに採用されることが多い。

専用のトルクスレンチが必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA