★仙台弁を聞いでけさいん!

ロードバイク用語 ま・や・ら・わ行

 

【増し締め】

ボルトなどをより大きなトルクで締め付けること。ボルトは時間が経つと

振動やパーツの馴染みによって指定トルクよりも緩んでしまうことがある。

とくに新車の場合、初期緩みが発生するのである程度バイクが

馴染んだら各ボルトの締め付けトルクをチェックして、

増し締めが必要になることが多い。


【マグネシウム】

マグネシウムを主原料とした合金は非常に軽量で振動減退性も高いため

フレームなどに採用されることもあったが、高い加工技術が必要。

耐腐食性も極端に弱かったためロードバイクの主流には、

なんねがったんだ(仙台弁)=至らなかった。


【メイントライアングル】

フレームの前部。ヘッドチューブ、トップチューブ、ダウンチューブ、

シートチューブの総称。フロントトライアングルともいう。

実際は四角形だが三角形に近いのでこう呼ばれる。


【メンテナンススタンド】

メンテナンス時にバイクを保持するスタンド。リアハブで支えるだけの簡易式

のものから、バイクを宙に浮かせて保持するプロ仕様の大型のものある。


【モノコック】

フレームパイプを接合するのではなく、一体成型としたフレーム構造。

主にカーボンフレームで多用される。設計の自由度が高く

剛性バランスも最適化しやすい反面、フレームサイズごとに

個別の金型が必要になるので、コストがかかる。


 

【焼き付き】

回転部分のオイル不足などで摩耗熱が生じてパーツが破損すること。

または異なる金属同士が直接触れ合って起こる電位差によって腐食し

固着してしまうこと。後者はチタンやステンレスで起こりやすく

チタンボルトには必ず焼き付け防止グリスを塗る必要がある。


【UD】

ユニ・ディレクションの略で単一方向という意味。

カーボン素材は繊維に対して縦には強度が高く、

横方向にはしなやかな特性を持つ。


【油圧】

液体の圧力によってブレーキなどを操作するシステム。

主にハイエンドのディスクブレーキに採用される。

ブレーキレバーに装着されたピストンが押し出されることでキャリパー側の

ピストンが押し出されブレーキを作動させる。


 

【ラテックス】

ゴムの木の樹液から作られる天然ゴム。チューブの素材に採用される。

ラテックスチューブは通常のブチルチューブよりも、しなやかで

走行抵抗が小さく耐パンク性も強い。ただし、空気が抜けやすいという

デメリットもある。


【リプレースエンド】

交換が可能なディレイラーハンガーでボルトなどでフレームに固定される。

ディレイラーハンガーは落車などで破損しやすいので

リプレースエンドだとコスト的なリスクが少ない。ただし重量は増える。


【リム打ちパンク】

段差などでタイヤに大きな力がかかったとき、タイヤとリムの間に

チューブが挟まって噛みこむように穴があいてパンクすること。


【リムテープ】

クリンチャーリムに張るテープ。リムフラップとも呼ばれる。

スポーク穴にチューブが食い込むことを防ぐために使用する。


【ルブリカント】

ルブとも呼ばれる潤滑剤のこと。素材表面に被膜を作ることで

素材同士の接触による摩耗を低減したり、摩擦抵抗を軽減したりするために使う

ドライルブとウェットルブがあり、シーンで使い分ける。


【ローギヤ】

もっともギヤ比の低い状態。

単にスプロケットの一番大きなギヤを指す場合もある。


 わ

【ワイドレシオ】

スプロケットのトップとローの歯数差が大きいことを指す。

一般的には12・28Tなどに対応したギヤを意味する。


【ワン】

ベアリングを保持して回転させるための受け。

お椀の形状をしていることからこう呼ばれる。

傷や凹みがつくとスムーズな回転を得られなくなってします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA