★仙台弁を聞いでけさいん!

リストラ 転職 良い仕事、教えます。

リストラなどされ仕事がなかなかみつからない方、手っ取り早くやれる仕事があります。

タクシードライバーです。


タクシードライバーにどんなイメージをお持ちでしょう?

・行くところがなくなった人がやる仕事
・年配者の仕事
・歩合給で、過酷な仕事
・安月給

などなど…あまりいいイメージではないですよね。確かにイメージはよくないですが、実際のところ悪いことより、メリットのほうが遥かに多いです。

では、タクシードライバーのメリット、デメリットをこれから紹介していきます。

デメリット
・イメージが悪い。
・歩合なので頑張らないと稼げない。
・たまに酔っ払いに絡まれる。

…ぐらいかな。ほんと以外に少ないですよ。

メリット
・普通免許取得後、3年以上経過すればほとんどの人が出来る。
・ドライバー不足なのですぐ入社できる。
・年齢、家庭の事情など、本人の都合に合わせてくれる。
・支度金など支給している会社もある。(20万ほど)
・ある程度の規模であれば、各種保険も完備している。
・1年365日、冷暖房完備
・休みを取るのも簡単
・1度、車庫を出てしまえば自由に時間を使って営業出来る、などなど…

よくないイメージさえ、気にしなければ
こんなにメリットがある仕事がほがに、あっぺが?(仙台弁)

国税庁の調査によると平成29年の日本人の平均年収432万円、手取り月収が29万円。

では、イメージの悪いタクシードライバーはどうでしょうか?タクシードライバーの場合、約55%が取り分、残り約45%が会社ということになります。タクシー1台あたりの1か月55万だとすると月収30万2.500円、年収は363万円です。

この数字は頑張らないくても普通に営業していれば稼げる金額です。ちょっと頑張れば月収手取り30万も夢ではありません。

高齢化がすすむ昨今、60歳すぎて月収30万稼げる仕事なんてタクシードライバーのほかにあるでしょうか?

どうしよう、どうしようと悩んでいても何も解決しません。電話1本するだけでいいのです。繋ぎでも構いません。やってみたら以外と自分に合っているかもしれませんよ。

具体的に営業の仕方をお教えします。

まずタクシー会社選びです。

確認事項
①社会保険等を確認する。
②評判がいいかどうか、ネットなどで調べてみる。
評判が悪いということは、顧客が少ない可能性が大きい。
顧客が少ないということは売上に悪影響を及ぼす。
③タクシードライバーの評判が悪いということは経営者にも問題がある場合が多いので注意が必要。

勤務体系
タクシー会社は昔のように隔日勤務は少なくなって、日勤、夜勤、隔日勤務から選ぶことになると思いますが繁華街のお客様をゲットするため夜勤、隔日勤務を選ぶ。

営業方法
地元、仙台を例に
夜勤の場合は夕方、たとえば17:00から出庫したとして…

17:00~20:00 会社の近くを流し無線配車を狙う
20:00~21:00 暇な時間帯なので夕食
21:00~22:30 繁華街(国分町)に向かい定禅寺通り西向き、広瀬通東向きで付け待ち。競争が激しいのでトラブルにならないように
22:30~03:00 定禅寺通り、広瀬通ともに3way方式により順番待ちによる営業、または国分町の中をゆっくり流し営業。国分町内を流したほうが、お客の付きはよいようです。

毎日17:00から3:00までがんばって、月に休日出勤を2回すれば手取りで30万近く稼げると思います。

タクシードライバーは
体力と気力と運です。

頑張りすぎて体調を崩してしまったら元も子もないので1日9時間、月24日営業で手取り25万の目標であれば無理なく達成できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA